terakoya_DSC01019.jpgこんにちは!!
コモビEXPO2009 ワークショップ(WS)担当の山田祥未(よっちゃん)が、10月26日(月)に行われた写仏WSについて報告します!
池袋から西武新宿線で1駅隣の椎名町駅。
駅から少し歩いた所にある、真言宗豊山派金剛院というお寺で行われました。

お寺の門をくぐると、本堂に続く1本の道。
オレンジ色の灯りがつく境内を進み、
今回の寺子屋会場となる間へ。
部屋にあがると、すーーっと心和らぐお香の香り。
台風が接近していることも忘れてしまう非日常の「和」の空間に、
21人の参加者が集まりました!
terakoya_DSC01005.jpg
今回は、寺子屋企画~写仏~と、コモビEXPO2009をコラボさせたWS。
日本に古くから根付いている仏教文化の「写仏」を体験し、
完成した作品を12月6日の文化祭で展示しようという企画です。
まずは、金剛院の和尚さん、野々部利弘先生からのお話。
terakoya_DSC01022.jpg
538年、文字や画の書き写す写仏や写経によって日本に仏教が広まった。
写仏とは様々な仏さまをその時の気分によって選び、心静かに描くもの。
宇宙の根本を考え心理を深めようとする「総合的な教え」の仏さま、
お父さんのような「力強さ」を表す仏さま、深い「優しさ」を表す仏さま…と
今回も様々な意味を持つ仏さまが用意され、その時自分に足りないと思うものや、ピンときたもの等
参加者一人ひとりが仏さまを選び、深呼吸で髪の先、指の先まで綺麗な空気を送って
心静かに仏さまを半紙に写していきました。
terakoya_DSC01031.jpg
・・・。
terakoya_DSC01032.jpg
・・・。
・・・・・・。
terakoya_DSC01037.jpg
すべて同じ太さにしたい。けど気づけば太さは変わってしまう。
仏さまの体を描く時は、自然と自分の体にも力か入っていく。
顔を描く時は、自分の顔に化粧をしているよう。口を描く時は、自分も自然と微笑む。
自分自身を見つめて、自分を書いているよう。
と、一人一人感じることは様々。
描き始めて1時間半。
仏さまと自分だけの時間を終えて、
皆で互いの作品を見せ合うと、線の太さも濃さも皆様々、
同じ仏さまを描いていても表情からすべて違う!
terakoya_DSC01050.jpg
なんとも神秘的で心がスーと洗われる不思議な感覚になりました。
和尚さんの話によると、
描く人によっても、又、描く時の自分の気分によっても全然違う!!
全く同じ仏さまは書けないのです。
人生の成功の秘訣は、集中力と記憶力。
和尚さんが言った言葉がとても印象的でした。
その後和尚さんが本堂を案内して下さり、
今回の写仏WSを終えました。
私自身初めて写仏に挑戦して、
普段なかなか心を落ち着かせる時間ってつくっていないけど、
静かに自分自身を見つめ返すことって大切だと感じました。
そしてお香の香りも家に取り入れたいと思いました。
今回の文化祭テーマである「大人の本気」!!
「静」の本気の作品がまた一つ増えました!
文化祭当日、いくつか今回の作品を展示する予定です!
ぜひ、会場で皆の本気を感じて下さい☆