head.jpg青大陸の守岡美樹ことミキティがお送りします。
今回は、青大陸のコノ3人!
「青大陸の3馬鹿トリオ」こと、下田賢一さん(シモケン)・長井洋高さん(ヒロ)・堀内健史さん(ホリケン)です。

この3人は、12期に参加するまでは、全く知らない者同士・・・。
年齢も血液型も違えば、住んでいる場所も働いている会社もバラバラ。
そして、12期参加をきっかけに意気投合!
まるで、吉本の漫才師の様な面白さで場を盛り上げてくれています♪
実は、黄色大陸の黒川大輔さん(クロ)&ヒロ&シモケンの3人は「イケメン反対運動」という協定を結んでいます。
“裏国境警備隊”と名乗る彼らは、イケてるメンズ達(カッコイイ男子達)に対抗すべく活動中であります。
(ホリケンは本当の国境警備隊の役なので、入ってません)
イケメン達に対抗すべく、自分達にできる事はないかと考え活動を続けてきたが…
しかし最近では、活動内容を変更したらしい。
誰かが凹んでいる時に盛り上げたりと、面白い事をして明るい空気を作る!という活動に転換中。暑苦しい位、熱く、そしてイイひと達です。
イケメン反対運動の3人ありがとう☆確かに、いつも笑わせてくれて元気をもらってマス♪
それでは、インタビュー行ってみましょう!
Q、コモンビート参加のきっかけは?
ヒロ:
青大陸の山崎紀子さん(キコ)とは元々友達で、そのつながりで11期の公演を観に行ったのがきっかけ。コモンビートに参加してみて、皆の前で堂々と話すキコを見てびっくり!キコと初めて会った時には、今のように皆の前で堂々と話す様な人ではなかったから、コモンビートに参加して凄く変わったと思いました。
シモケン:
友達が出演する公演を観に行った事と人に喜びや感動を与えたいと思ったからです。今まで、人前で何かパフォーマンスをするといった経験をした事がなかったのです。だから、コモンビートは修行になると思いました。
ホリケン:
以前から友達だった、緑大陸の村岡真梨さん(まる)と青大陸の原田尚弘さん(なお)つながりで10期の公演を観に行ったのと名古屋の友達が出演した11期の公演を観に行ったのがきっかけです。
その時に、社会人でもこんなに頑張っている人がいるんだ…と衝撃を受けました。公演を観た日の夜、悔しさとワクワク感で眠れなくなったんです。普段は、青森への出張が8割というホリケン。12期の参加は、完全に賭けでした。仕事の関係でできるか分からなかったけど、この不景気のお陰で偶然にもその出張がなくなったんです!まさに、不景気がコモンビートへの出演を後押ししてくれました!
Q、コモンビートに参加して嬉しかった事・悔しかった事は?
ヒロ:
今は一瞬一瞬が楽しい!今後は辛い事や色々考える時も多くなると思うけど、まず「楽しむ」という、自分の根本にあるテーマを貫き通すぜ!
シモケン:
皆でハイテンションで騒いでる時が楽しい!
超マジメに一つのモノを良く仕上げようと皆で気持ちを一つにしている時。
半端なく下らない話をしていて腹痛が辛い時!
…と挙げればキリがない!本当に一瞬一瞬が楽しいっス!
睡眠不足だけが辛いっす。
ホリケン:
みんなと出会えた事が嬉しい!
自分が、12期に参加する事で11期の名古屋のメンバーとも出会えたし、今後もそういう自分の”つながり”を広げていきたい。
悔しかった事は、国境警備隊の役を演じるのですが、その表現が上手くできないことです。
役の中で、仕事が残業ばかりでプライベートの時間がない!と悲痛を訴える場面があるのですが、その辛さや家族との時間を作れない悲しさという被害妄想をどう表現するかが難しいです。
Q、意気込みをどうぞ!
ヒロ:
もっとバカになるっっっー!!
シモケン:
感謝。
コモンビートという場を作ってくれてありがとう。ダンスや歌を指導してくれてありがとう。出会ってくれてありがとう。刺激をくれてありがとう。
話しかけてくれてありがとう。笑顔をくれてありがとう。仲良くしてくれてありがとう。爆笑をくれてありがとう。真剣に話を聞いてくれてありがとう。
もう、ただただ皆さんに感謝の日々です。本番では、観に来てくれた沢山のお客さんに感謝しながら自分に出来る事を全て出し切ろうと思います。
12期のみんな!疲労が溜まっていると思いますが、残り一ヶ月と少し、笑顔と気合で乗り切りましょう!よろしくお願いします。
ホリケン:
みんなで一つのものを全力で作って行こう!!
そして、歴史に残るボーダーガード(国境警備隊)になってやる!!!!
家も遠くて練習に通うのに不便だけど、コモンビートを丸ごと楽しみたい!!(練習後に飲みに行きたい♪)・・・てな訳で、5月から練習にも通い易い場所に期間限定賃貸住宅のレオパレスを借りています!!みんな、遊びに来てね☆
end.jpg