みなさん、サワディーカ♪
東北キャスト、日韓アジビスタッフのかほ(小林かほり)です!
私も参加した今回のアジアンビート・タイツアー!
1日1日が本当に愛おしくて、素晴らしい時間でした。
参加させていただけた環境と、居合わせてくださった全ての方々に、この場を借りてお礼申し上げます!
本当に、ありがとうございました~\(^o^)/
それでは本題へ。
私は初日、3日のバンコク着~チュラロンコン大学生との夕食会についてご報告します!
私がバンコクに着いたのは、みんなが到着する4時間前。
一人ふらふらと、一足お先にバンコクの空港をお散歩♪
初めてのタイに、ドキドキ、ソワソワしながらみんなを待ちます。。
 
午後4時前!
キターーーー\(^o^)/ーーーー!!!
チュソンやみんなと対面!
東北から九州まで、全国5地域からコモンビーターが勢揃い!
一気にテンションが上がります!!!
全員揃ったことを確認し、いざ大型バスへ乗り込み!出発!!
いきなりスケジュールが変更となり、このままあのチュラロンコン大学生の待つレストランへ♪
車中では、みんなの弾む声が止まらない!
早速、今回の私たちの旅に同行してくださるタイ人ガイドのジェットさん、通訳としてはるばる日本から来てくれたプロイを迎え、この旅のしおり、資料が配られたり、公演で披露する「花」や「花は咲く」の歌練習をしたり。。
早くもテンションMAX!!!
あっという間にバンコク市内、レストランへ到着~
⑩
煌びやかな外観に大きな窓ガラスが特徴のこのレストラン。
メンバーは大学生の他に、
今回の旅のコーディネートをしてくださっているOCAの先生方、
40年タイと日本の交流事業を手掛けているという相馬さんご夫妻、高橋さんがいらっしゃいました。
後から伺った話、相馬さん曰く、このレストランも数十年前は小さな露店から始まったお店なのだそうです!
現在のこの大きくきれいなレストランの存在があるのも、
ここに月日が培った歴史と、そこに携わった人々の努力があってこそなんですね☆
そして、お待ちかねの大学生との対面!
実は、私は今年3月に東京に学生たちがやって来た折、学生との交流会に参加していました。
そこで知り合ったメンバーももちろんいましたが・・・ゆうに8か月振りの再会!
お互い顔が分かるか、内心ドキドキ不安でしたが、そんな不安もなんのその!
かわいらしいMayちゃんや、笑顔が素敵なHatくんと目が合った瞬間、
「あ~~~!!」っとお互いを瞬時に認識!
再会の感動を分かち合えました♪
日本側とタイ側で数人ずつテーブルごとに分かれ、みんなでまずは自己紹介!
お互いの名前をお互いの国の言葉で書いてあげたり、お互いの国の言葉を教えてあげたり・・・。
彼らは相変わらずフレンドリーで、進んで私たちのところへあいさつに来てくれます!
私たちもがんばって、カタコトの英語や少しかじったばかりのタイ語を駆使し、
気合いでコミュニケーション。早くも盛り上がります!!
③
②
④
そんな中、次々運ばれてくる料理はタイ名物ばかり!
前菜には、ナッツにエビのすり身の湯葉巻き揚げの「ヘー・クン」、
魚料理にから揚げに茹でたエビ、カレーパウダーで炒めたカニ肉を卵で包んだ「プー・パッポン・カリー」、
言わずと知れた「トム・ヤム・クン」、タイ風チャーハンなどなど・・・。
最後には、いろんなフルーツを取りそろえた大皿も!
茹でたエビは、学生たちが右手にスプーン、左手にフォークを持って器用に殻を剥いてくれます。
どれも本当においしいし、日本人のクチに合うので、みんなお腹も心も大満足♪
そんな楽しい学生たちとの夜も更けていきます。
⑤
⑥
⑦
⑧
楽しい時間はあっという間!
最後に、チュソンが改めてOCAの先生方や相馬さん、高橋さんをみんなに紹介してくれ、
日本からのお土産を手渡しました!
いよいよ明日が、チュラロンコン大学でのゲリラLIVE決行日!
学生のみんなは、「めっちゃ楽しみにしてるよ!」「がんばってね!」とエールを送ってくれました。
1462927_585700404813128_1614872236_n
大学での野外ゲリラLIVEは今までも前例がないとのこと・・・。
どんな時間になるのか楽しみです。