いつもひたむきに練習に取り組んでいた31期 黄大陸 堀 初音(はちゅね)さん。

黄大陸の踊り”インド”で神秘に満ちたダンスを披露し、戦争のシーンでは、演じること以外にも神経を使い進めなければいけないポールをやり遂げ、「名も無き我が祖先よ」では100人の心のうちを彼女の澄んだ声で朗読しました。
堀 初音(はちゅね)さんの100日storyをご覧ください。
 =========================
キャスト兼スタッフのりなに出逢って
始まった私の100日間。
体験会も行ったことない、
今までこのミュージカルを
観たこともない私にとって
最初は不安ばかりでした。
でも参加する!って決めたからには
喰らい付いてくしかなくて、
周りについてくので必死でした。
はちゅね2
そんな私の100日間。
100日前は泣き虫で弱虫な私。
泣き虫なところは
きっと最後までも今でも
変わってないけど…。笑
100日前の私は前に立って引っ張るとか
そういうのが苦手。
そんな私は今回朗読という
役を頂いたときに
“そのシーンのみんなを
引っ張っていく存在になってほしい”
と言われました。
はちゅね1
そのときの私には
引っ張っていける覚悟なんかなくて
自分のことで精一杯でした。
そんな覚悟のないままの私は
どんなに練習してもどこか不安でした。
いつもいつも納得のいかないまま
いつの間にか本番2週間前。
 _MG_9035
とあるサポーターとの出逢いが
私を変えてくれました。
その出逢いのおかげで
私のこの納得できないもやもやの
理由がわかりました。
自分のもやもやがはっきりした日、
その後の練習からは
何か掴めたような気がして
“あ、私もう大丈夫だ”
って思うようになりました。
確信はないけど、私なら大丈夫。
そう感じたときに
“私がここは引っ張ってくんだ”
って自然と口に出してました。
 _MG_8363
きっと100日前の私だったら
こんなこと絶対言わなかったし、
言えませんでした。
100日後の今の私は
何も言わずに大人しかった
弱虫な私から新しい私に
変われたんじゃないか、
そう思います。
いろんな縁が縁を呼んで出逢った
このプログラム。
私と出逢ってくれてありがとう
_MG_9520
そして私と関わって下さった皆様、
強くはなったけど
まだまだ泣き虫な私に
もう少しお付き合い願います
31期 黄大陸 堀 初音(はちゅね)
_MG_7269