16th_0914.top.jpg.jpg緑大陸の芝琢也(たくや)です。
今回は、16期・黄色大陸
「あっ晴れ LINK RING スマイリーズ」から、
元気と若さに溢れる後藤みゆき(みゆき)さんに
直撃インタビューを行ないました!

Q)よろしくお願いします。まず、普段は何をされていますか?
A)大学で、スペイン語を勉強しています。
クラブでは、スペイン語で演劇もしたりしてます


Q)おぉ、舞台経験者なんですね!とすると、今回の参加も、
どなたかその関係者からのお誘いというわけですか?

A)いえ、そういうわけじゃないんです。
短期バイトで、たまたま美術館に搬入作業に行ったとき、
お昼休みに置いてあるチラシを眺めていたんです。
丁度その頃、きれいなチラシを集めるのにハマっていて(笑)
そこで、やたらカラフルなチラシに目が留まったんですが、
それがコモンビートの14期関西公演のチラシだったんです。
16th_0914.1.jpg.jpg
Q)やたらカラフルなチラシでよかった(笑)。
それにしてもずいぶんとユニークなきっかけですね~

A)もともと、歌うことも好きだったので、すぐに参加を決めました。
Q)ちなみにオーディションでは、何を歌ったんですか?
A)「デジモンアドベンチャー」の「Butterfly」です。
Q)アニソンですか!?ぜひ今度カラオケ行きましょう(笑)
でも、女の子にしては珍しい選曲ですね。

A)小学生のころがっつり観てたんです(笑)高校でもButterflyは流行ってたので…
この曲はノリがよくて思いっきり歌えて好きなんです。
本当は、石川さゆりさんの「津軽海峡冬景色」とか「天城越え」も考えていたんですけど、
他の人とかぶったらイヤだなって。
Q)かぶらないと思いますよ(笑)
A)そうなんですか!?
Q)普通は、人気あるのは、ディズニーとか、ジブリとか…
A)あ~~~~、そっか~~~~~!!
Q)石川さゆりさんを歌っていたら、間違いなく黄色大陸でしたね(笑)
でも、結局、黄色大陸になったんですけど、そのときの心境は?

A)実は当初は、青大陸か赤大陸を希望していました。
あとは、緑は多分、私には合わないかな~って(笑)
でも、なんとなく黄色になりそうな予感はしていました。
Q)黄色の中でも、黄色大陸テーマソング、インドといった、
やや優雅なイメージのあるダンスを踊ることになりましたが感想は?

A)もともと、青や赤を希望していたってことからも想像つくかもしれませんけど、
よさこいみたいな激しいのもしたかったですね(笑)
でも、大人な色気のある、黄色大陸テーマソングやインドも楽しんでいます。
ちょうど、先日、100日間の中で誕生日を迎えて、20歳になったんで、
これからは中身も思慮深いしっかりとした大人になりたいって思ったから、
ちょうどよかったかも(笑)
Q)そういえばプログラム開始当初は未成年でしたね!
周りは年上の方が多いと思うんですが、何か抵抗みたいなのはありましたか?

A)最初はやっぱり緊張して、敬語ばかり使っていました。
ですけど、100日間、本気でぶつかり合うなら、敬語を使うような距離じゃいけない!
って思い、今はすっかり打ち解けて年上の方にもため口を使わせてもらっています(笑)
ですが、やっぱり年上の皆さんは、考えもしっかりしていて感服しました。
これまで、年上の方相手に同じような立場で話すことは殆ど無かったので、
すごく影響を受けます。
コモンビートでは行動力、発言力が開花した感じですね。しかしまだまだ中身は子供です。
私は大学では吹奏楽団にも所属していて、来年はリードしていく立場になるので、
ぜひコモンビートの100日プログラムで培った
“大人”としての経験を活かしていきたいと思います。
16th_0914.2.jpg.jpg
Q)さて、そんな100日プログラムも後半となりましたが、今の現状についてお聞かせください。
A)うーん、たとえばダンスなんですけど、私はもともと一人でウオーッって突っ走るタイプなんですよ。ですから…
Q)えっと、口を挟んでごめんなさい、”調和”の黄色大陸でしたよね?(笑)
A)はい(笑)そうやって、ダンスなどを他のメンバーと呼吸を合わせることなどに苦労しています。
個人プレーに走ってしまわないよう、仲間と揃えることが課題ですね。
Q)調和、おねがいしますよ~。じゃ、もし、次に参加するとしたら、何大陸が希望ですか?
A)ボーダーガード!
Q)はい、大陸関係ないですね(笑)
A)大陸は…特に希望ないですね。ベリーとかしてみたいですけど。
あとはペアダンス。イタリアでピヨピヨ(※1)とかしたいです。
Q)いつでもお相手しますよ(笑)さて、では最後に、お客様に向けてメッセージをお願いします。
A)私はこのプログラムに参加を決めたとき、いろいろ不安もありましたが、
結局は、「なんとかなるさ!」で飛び込みました。
ですから、お客様も、何か不安なことがあっても、「なんとかなるさ!」の精神で
チャレンジして欲しいと思います。
また、私たちは、100人もいるので、みんなの意見なんて違って当たり前です。
そんなときに変に遠慮せずに、自分をさらけ出して本気でぶつかっていくのは悪いことじゃない。
そのことをこのプログラムで学びました。そうしたメッセージも伝えられればいいなと思います。
Q)なるほど、調和を重視する黄色大陸ですが、それでも本気でぶつかっていこうという素晴らしい精神でした。
本日は、インタビューありがとうございました。
インタビュー中、ボーダーガードをしたいとおっしゃってましたが、
プログラム中の合唱のイベントなどでも、
本物のボーダーガードを押しのけ(笑)、自らボーダーガードに扮したりと、
元気いっぱいなみゆきさんです。
調和の大陸でもしっかりと個性は出していく…、彼女のシャープな存在感は、
きっと16期公演でも舞台映えすることだと思います。
16期の黄色大陸のみゆきさんにご注目ください。
16th_0914.3.jpg.jpg
※1
イタリアのペアダンスには、ペアの男女がかなり顔を近づけて向かい合って、
ひよこみたいにくるくるまわる振りがあります