ひょんなきっかけで、小学校で働く事になりました

いろんな学年に行き、授業のサポートをするのがメインの仕事です。
以前の仕事も、子ども相手の仕事をしていたり、
教員を目指していた事もあるせいか、
子どもたちに溶け込むのは案外得意だし、好きでもあります。
人間面白いもので、
自分の子どもの頃とついつい比べたがります。
案の定、自分と小学生の時と比べてみたが、
答えは「大して変わりはない」って言う所に結論付きました。
いろいろ比べる事の中で、
今度は、子どもと大人を比べてみました。
最近の子どもはませてて、扱いにくいという言葉を聞きますが、
やっぱり子どもは子どもで、すごく純粋で、バカ正直だったりして安心している部分があります。
すぐ、悪口を言ってケンカしたと思えば、
次には、一緒に本を読んでいる・・・。
めちゃくちゃあたふたした自分は一体何をやっていたのだろうかと思わされます(笑)
「大人が変われば、子どもも、社会も、未来も変わる」
子どもから、いろいろ学ばさせて頂いております。
そんな恩返しも含めて、コモンビートの活動をしっかりやっていかなければと、
強く思う今日この頃です。
16期のプログラムでも、
子どもと関わりをもつ内容組んだイベントを考えています。
子どもたちにとって、コモンビートの活動をしている、
大人ってどんな風に見えているのだろう?
かっこいい大人でありたいし、憧れも持って欲しい。
是非、その時は子どもたちに聞こう!
「どんな風に見える?」
ハラハラもするし、ワクワクもしちゃいます。