katoo1.JPG14期チーフディレクターの加藤 隆司(かとぅー)です。
全国のみなさん、惜しみない応援を本当にありがとうございました!
今は公演が無事に終わって、とにかくほっとしています。

14期の練習期間中は、風邪や体調不良による欠席、捻挫などによる怪我人が続出。
果たして本番当日は、本当に102人のキャスト全員で舞台に立てるのか?、現場の責任者としては、不安で眠れない夜が続きました。
練習終盤では、キャストから「ちょっと相談が…」と言われる度にヒヤリとしました。
今回ばかりはさすがに無理だろう。。。と思ったケースもありました。
また、チケットの売り上げもなかなか伸びず、ギリギリまで満席には程遠い状況が続きました。
余りに怪我人と病人が多くて、「14期は何かに呪われてるのか?」と思うこともありました。
余りにチケット枚数が伸びず、「もはや奇跡を信じるしかない!」と思うこともありました。
でも、呪いなんかある訳ないし、奇跡だって信じてるだけじゃ起こらない!
結局全ての原因は自分たちにあるし、自分たちの力で何とかするしかない!
まず自分が動く。
そして、奇跡を信じるんじゃなくて、キャストを信じようと思いました。
その姿勢を最後まで貫き通し、それがキャストに伝わったのか、全員が最後まで諦めることなくしぶとく歩み続け、最後の最後で粘り勝ちした…!
そして本番当日には、全ての歯車が噛み合い大爆発を起こし、みんなが絞りカスも残らないくらい絞り切った…!
そんな14期だったと思います。
コモビ14期『がむしゃら☆ジューシー』は最高のチームです。
舞台で輝く102人は、俺にとっての誇りです。
こんな最高のチームを、100日間だけで終わらせるなんてもったいなさ過ぎる!
14期公演は、ゴールじゃなくてスタート地点だと思います。
これからのみんなの活躍と飛躍が、楽しみでしかたがないです。