22nd_120923_title.JPG22期関西プログラムも、いよいよ終わりが近づいてきました。
公演日まであと数日です。
記念すべき最後の練習を、緑大陸の仲治佐知子(さっち)がお伝えさせていただきます。

9月23日(日)、合宿2日目。
この日は、朝からあいにくの雨でした。
しとしとと降り続く雨の中、施設の中では神聖な巨大ダビデ像に見守られ、最後の衣装付き全通しが行われました。
衣装も音響も大道具も、全てが本番仕様です。
22nd_120923_01.JPG
泣いても笑っても、
楽しんでも悔しがっても、
これが最後。
最後となると気合い入れにも、力が入ります。
22nd_120923_02.JPG
しばらくして、いつも以上の緊張感の中、オーバーチャーの音楽が体育館に鳴り響きました。
始まりです。
22nd_120923_03.JPG
そして90分間、
私達はミュージカルの世界を走り抜けました。
100日間の努力や意地を、この作品にぶつけました。
22nd_120923_04.JPG
終わってからの満足度は、一人ひとり違います。
でも、満足してもしなくても、本番はやって来ます。
あとは、自分でどこまでこだわれるか。
突き進めるかです。
最後の練習の締めくくりは、
やっぱりコモンビートテーマソング!!
その日駆けつけてくれたサポーターの方達と一緒に、歌い、踊り、最高に盛り上がって楽しみました。
最後のインフォでは、今の気持ちを少人数のグループになってお互いに共有し合いました。
100日間のことを振り返ると、自然と目頭が熱くなります。
私のグループでは、本番に向けての不安や期待をお互いに伝え合うことができ、とても良い時間を過ごせました。
ドキドキのチケットの枚数報告では、
29日(土)が完売だということがわかりました!
歓声が沸き起こりました。
22nd_120923_05.JPG
金曜日公演はまだまだ枚数に余裕があります。
もうひと頑張りです。
22nd_120923_06.JPG
そして、100日の最後を締めくくる一大イベント、青年の主張!!
希望者が丘の上に立ち、自分の気持ちや伝えたいことを全員の前で叫びます。
10年来の友達に伝えたい「ありがとう」、
かけがえのない仲間の誕生日のお祝い、
チケットへの熱い想い、
そして何よりこの22期への大きな愛を
たくさんの仲間が叫んでくれました。
22nd_120923_07.JPG
22期、本当にすてきな仲間が揃ったと思います。
このメンバーで集まれるのも、あと本番の2日間のみ。
そう思うと一抹の寂しさを感じますが、最高の仲間であるためにも最高の舞台を作れるよう、最後まで駆け抜けます。
行くぞー!!
ブイブイキャストーーー!!