22nd_20120901_title.JPGこんにちは!黄大陸の大野聖司(海里)です!
9月1日(土)の公式練習の様子をお伝えします。

2週間ぶり!
ついにやっとみんなに会える合宿の日です!
私はこの2週間…
期待や不安、色々な想いを胸に過ごしました。
それは、皆も同じだったようで韓朱仙(チュソン)さんがそれを察してくれて練習の前に気持ちのシェアをしました。
22nd_20120901_01.JPG
コモンビートも普段の生活も充実した人…
不安でいっぱいだった人
22nd_20120901_02.JPG
バラバラだった気持ちが、みんなに話したりする事で少しずつ一つになる感じがしました!
この日は本番と同様にパネル(舞台で使われる壁)やリノリウムと呼ばれる敷物をひいての練習です。
中里友一(なかさん)さん率いるブラックスピリッツ(大道具を動かしたり、舞台裏で支えてくれる方々)が朝から舞台環境を作ってくれて、パネルの動きを説明してくれます。
22nd_20120901_03.JPG
『今、自分が何を考え、行動しなければならないか意識するんだ!』
中里友一(なかさん)さんの激がみんなを奮い立たせます。
そして、エンディングへと向かうシーンの練習とその繋ぎのシーンの練習!
これで、全てのシーンをやり終えた事になります。
22nd_20120901_04.JPG 22nd_20120901_05.JPG
後は、それぞれの完成度を上げていくのみです。
韓朱仙(チュソン)さんや安藤悠一(あんどぅ)さんはよくこう伝えてくれます。
『どのシーンをとっても感動出来る物にしたい!』
感動とは、いい意味で期待を裏切ること。
私はそう考えます。
韓朱仙(チュソン)さんや安藤悠一(あんどぅ)さんの話しを聞くたびに、お客さんの予想や期待を越えた演技をしたい!
そう、心に刻みます。
その後は、各シーンの完成度の底上げをして一日目を終了。
「美味しいご飯!」を食べます!
そして、元気を補充したあとは、コモンビートの歴史について
DVDを観たり、話しを聴いて過ごしました。
過去9年間のコモンビートの舞台や英語版だったコモンビートを
日本語に変えて始めるまでの苦労、想い…
私たち22期の気持ちを新たに燃え上がらせるには十分な内容でした。
2日目へと続く