mini_19th_110828_top.jpg合宿も早いもので三回目を迎えます。今回は初・全通しが行われるという緊張の合宿!
黄大陸の村上 杏子(あんちゃん)が皆の真剣な様子をお届けします!

まずは大事な話がたくさん詰まった朝のインフォメーションからスタート!
今回もたくさんのサポーターが応援に来てくださいました。なんと中部から3人も。19期に対する前キャストの愛を感じました。
こうやって想いのバトンは受け継がれていくんですね。
続いて「大陸自慢」!
緑大陸・ぐりまめでは緑テーマの食事会が行われたそう。気品のある食事会で、緑テーマのダンスについてたくさんの話ができたとか。
普段は練習でゆっくり話す暇もなかなかないけれど、こういった食事会などでたくさん話をして交流を深めるのも、それぞれの大陸の特色を出すためには必要ですね。
mini_19th_110828_01.jpg
そして翌日に控えた全通しについて、不安そうなキャストたちに向けて総合演出の安藤悠一(あんどぅ)さんよりお話が。
「今の時点での全通しは確かにかなりハイペースです。穴だらけでも当たり前ですので安心してください。
明日までに完成させないといけないのではなく、分からないところ、改善すべきところを確認して、
フィードバックに役立てるためのものです。……とにかく明日、無茶でもやります!」
……と、励まし(?)の言葉にキャストの表情も若干ほぐれます。
チーフディレクター・森永健太郎(アポロ)さんからは、今週は「褒めることがとってもいい」キャンペーーーン☆のお話。
褒めることって素晴らしい。モチベーションも上がるし、長所も見つけられる。
1人3枚の紙が配られ、合宿中に必ず誰か3人を褒める言葉を書いて渡そう!という企画☆
褒めてもらうことって誰でもやっぱりものすごく嬉しい!誰を褒めようか?誰にどこを褒められるか?ワクワクです!
毎回たくさんの楽しい企画を考えてくれるスタッフには本当に感謝です☆
キャストからはチケット活動についてのイイ話のシェアが。
100人の力で1枚を売ることができた、その素敵な話に皆のテンションもUP!
練習前の掛け声「特急フレッシュ19~☆」も心なしかいつもより気合が入ります!
mini_19th_110828_02.jpg mini_19th_110828_03.jpg
そしてウォーミングアップ開始!
今回は褒めるキャンペーン中なこともあり、列車&トンネルゲームを通じてペアになった相手を褒めるアクティビティをしました。
よく知らない人でも、なんでもいいからとにかく褒める!
お互いの親近感がぐっと上がったり、距離感を縮めることができた素敵なアクティビティでした。
mini_19th_110828_04.jpg mini_19th_110828_05.jpg
その後歌練習として黄大陸のテーマソングを全員で歌いました。歌うことで、歌詞を理解して、さらに大陸ダンスに深みが増すといいですね♪
mini_19th_110828_06.jpg
それからは本格的に練習に突入!
ランチを挟んで、後半シーンの詰めを行いました。翌日は全通し。
時間のない中、スケジュール通りに、そして的確に進めていかなければなりません。
スタッフもキャストも真剣そのもので練習に取り組みます。
余裕がなくて険しい表情の人も多い中、周りを気遣うことを忘れない人も。
素敵な人たちが集まったなあとしみじみ感じました。
mini_19th_110828_07.jpg mini_19th_110828_08.jpg
夕食時間にほっと一息ついたのもつかの間、次は畑フェスタイム!
翌週9月3日に杉・五兵衛さんで行われる畑フェスのパフォーマンス練習が行われました。
とはいっても今やっているダンスからの抜粋なので、新しいことを覚えるわけではありませんが……
基本そのダンスに本番で出演するキャストが畑フェスでも踊りますが、連続で3つのダンスに出演という恐ろしい事態が発生していました………
畑フェスではアップテンポの、テンションの高いダンスが多いので、体力的に大丈夫なんでしょうか……
とにかくパフォーマンスのリハーサルをやってみました。
後半シーンの練習は精神的に重くて辛いシーンが多かったからか、皆純粋にパフォーマンスを楽しむ気持ちが大爆発!!
サポーターもびっくりするぐらいの、19期のパワーが証明されました。
これで「本番も観てみよう!」っていう人が増えるといいなあ☆
mini_19th_110828_09.jpg
続いてチケットタイム。
チケット部長の田井淳美(あっちゃん)さんが、現状のチケット販売状況も兼ねてチケットについて熱い思いを語ってくれました。
練習を重ねるにつれ、自分たちのなかでミュージカルに対する自信や思い入れが強くなって、少しでも多くの人に観てほしい!
という思いが大きくなっているのを感じます。
キャストからも、自主的にチケット活動チームが発足したりと、満席に向けて皆がそれぞれのやり方で動き出しています。
1人で100枚のチケットを売るよりも、100人で100枚のチケットを!が合言葉です。
不安や緊張や笑いや喜びがたくさん詰まった1日目はこれにて終了。
翌日はいよいよ全通し。一体どうなるのでしょう?
乞うご期待!