20th_120623_title.jpgぼんじょーるのー♪
緑大陸の川西麻未(ぎん)です。
ついに公演1週間前!!
6月23日に行われた合宿一日目の模様をお伝えします。

ついに最後の練習が来てしまいました。
朝からソワソワ、ウロウロ…。
それでも練習は始ります。
朝のインフォメーションで7月より、
ミュージカルA COMMONBEATを作ったアメリカの団体「UWP」に
参加する山田直弘(こめ)さんによる自己紹介がありました。
スケッチブックを用いて、小学生時代から大学時代まで…
アラ…カッコイイダンサーこめはイズコ…。
自虐ネタ満載のとっても楽しい自己紹介でした。
海外でも日本人代表・コモンビート代表として
かっこいいパフォーマンス見せつけちゃってください☆
その後、恒例となりました施設の方による漫談…、
ではなく宿泊オリエンテーション。
いつもあたたかくコモンビートを迎え入れてくれる
愛知県青年の家の皆さま、本当にありがとうございます。
話も長くなりましたので、
そろそろ練習に入ります
まずはダンス部による、よさこいの総踊りによるウォームアップと
うた部による、発声練習。
20th_120623_1.jpg 20th_120623_2.jpg
そこからは、安藤悠一(あんどぅ~)さんの進行で練習が始まりました。
午前は
言葉を超えて、コモンビート2、さあ奏でよう、決断の刻の
細かな仕上げを行いました。
どの時間もとても集中していて
想定以上に細かな部分まで詰めることができました。
私は裏の時間でキープザビートのペアダンスの
ペア感を出すにはどうしたらいいか?
とにかく目を合わせて踊ってみたり
距離を近づけてみたり…試行錯誤しました。
あっという間にランチ。
ランチの時間はブログ隊JACK団が
「特集!100人の座右の銘」のメッセージ写真を集めていたり、
シーンで集まって話し合ったり、和気あいあいと過ごしました。
お昼の終わりに「リズム遊び」のシーンに出演するメンバーは
安藤悠一(あんどぅ~)さんのジャンべにあわせて練習を行いました。
はじめは、ガタガタなリズムでしたが
何度か練習して感覚をつかんだ後
テンポよくリズムを刻むことができました♪
後は、派手に踊るだけ!!
ランチの後は、当日の舞台説明。
舞台はとても神聖な場所。
当日、テンションが上がりすぎて事故を起こさないよう
袖にある照明器具、上につるされている舞台装置
そして、緞帳(どんちょう)の危険性など
舞台監督の中里友一(なかさん)さんから説明していただきました。
20期で、事故を起こしてしまったら
ここまで19回積み上げてきたもの
そして次の21期、22期の公演が危ぶまれます。
改めて、20期としての責任を感じました。
さて、午後の練習は通し練習。
その名の通り全シーンを通しながら、
気になった部分はその都度とめて修正していきます。
かけがえのない仲間たちのポジションを立体感がでるように修正したり、
大陸ダンスの細かな隊列の修正・タイミングの確認など、
細かな立ち位置の修正していきました。
20th_120623_3.jpg 20th_120623_4.jpg
また、名もなき我が祖先よの表情の改善のため、
向かい合って、相手に伝えようという気持ちを込めて歌い
その後、このシーンに出演する人もしない人も一緒に
みんなでお互いに顔を見合わせながらシーンを作り上げました。
すべてのシーンの確認を終え、本日の練習は終了。
夕食のあと、当日のインフォメーションなどが終わったと思いきや…
近藤笑菜(ニコ)さんが突如
「私たち、まだ思い出作りしてない~」
とそこへ、森吉庸(森ビル)さんも加わり…みんな中庭に集合!!!
そこにはスピリット・大陸スピリットが
そこへミュージカルのオープニング
かけがえのない仲間たちが流れ出し…
20th_120623_5.jpg 20th_120623_6.jpg
キャンプファイヤー☆
ここまで一緒に駆け抜けてくれたキャストへ、スタッフからのプレゼント
みんなで、輪になってかけがえのない仲間たちを歌い
大陸ダンスを踊り、そしてJ-popでガンガン盛り上がりました。
20th_120623_7.jpg 20th_120623_8.jpg
そんなキャプファイヤーの締めは、感謝の時間。
これまで100日間を一緒に駆け抜けてきた
仲間に普段は恥ずかしくて言えないことを伝えよう!
それぞれが思い思いに、感謝の気持ちを伝えました。
素敵な時間を終え、みんなの表情はとっても輝いていました。
さて、明日は最後の練習
はやる気持ちを抑え、就寝です
おやすみなさ~い☆