20th_120619_sontitle.jpgこんにちは
突撃インタビュー第6弾
今回は、かわいい笑顔と歌声が魅力的な
赤大陸の坂井苑美(そんちゃん)さんにいろいろ聞いてみました☆

では、自己紹介からお願いします
★年齢は?
22歳です。
★普段は何をしていますか?
大学生です。
★夢はありますか??
舞台で歌い続ける
幸せな家庭をつくる♪
人に影響を与える人になる!
★趣味は?
バレエ
21歳から始めました♪
劇団四季マネ
偽英会話

★偽英会話…。とっても気になります!
実は私も、そんちゃんと同じバレエ教室に通ってるんです。
別のクラスに通っているため、教室で出会ったことはありませんが(笑)

20th_120619_son1.jpg
では、続いてコモンビートについて

★コモビに参加したきっかけは?

17期を観た姉が「そのみもやってみたら?」と言ってくれました。
体験会に参加して安藤悠一(あんどぅー)さんや白井雅博(MASA)のパワーに圧倒され、やっちゃろまい!と決意しました。

★他の大陸の存在に気付く少女と言う、物語のカギを握る役。
どんな気持ちで歌っているのですか?

最初は何も考えずに歌っていました…。
このシーンをどう感じてる?と聞かれても答えれなかったんです。
でも、作品を理解しようと向き合いだしたら、歌っている時の感覚も変化しました。
歌詞の通り『心をつつみはじめる』『熱い鼓動』
歌っているとき、すごくあたたかくて本当に幸せで涙が出そうになります。
初めて見た光景、色、人なのになぜかあったかい。
懐かしい。
見る人にも体温を感じられるよう頑張ります。

★そんちゃんの歌声は、同じ舞台上で演じている私たちにも、とっても温かく響いてきて、自然とに笑顔があふれてきます。

あったかい笑顔を届けられるCB1、一緒に作りましょう♪
20th_120619_son2.jpg
★ところで最近、役作りの悩みから抜け出たと噂のそんちゃん。
抜け出せたきっかけは何だったんですか?

みんなの理想に応えよう。変えたい、変えたいという思いから
いろんな自分を試しすぎしているうちにわけが分からなくなりました。
ピークだったときに
プロデューサーのMASAから「過去の作品がどうこう関係ない!
そんちゃんはそんちゃんでいい!」と言われ、自主練で残っていたメンバーの前で
大泣きしながらオーディションで歌った歌を全力で歌いました。
「これが、わたしだ~!」
裸足になって狂ったように叫びました。
でも、目の前にいた仲間は全く引かなかった。
「そんなお前が好きだ!」と一緒にコモンビートをやり始めた友達や
仲間にもほんとに感謝しています。そのおかげで、自分の壁を突破しました。
完全カラを破ったわたしは、この日から覚醒しました(笑)\(^O^)/
自分はこれでいいと許せたからだと思います。
★私も、その場に居合わせたのですが、殻を突き破った後のそんちゃんの、すべてから解放された自由なCB1。
舞台でお見せできないのがもったいないくらい、すごく自由で素敵でした。
20th_120619_son3.jpg
★では、最後にお客様へメッセージをお願いします
この100日間を通じて、リスクを取った分だけ成果があり、成長があると思いました。
キャスト(出演者)は、仕事やプライベートと並行して、一生懸命取り組んできました。
だからこそ、大きく成長できたのだと思います。
そして、その成長の結果である、この作品と105人のキャストを観ていただければ、
必ずやグッとくるものがあると信じています。
そして、皆様にとっても何かを考え、挑戦する機会になるのを願っています。
20th_120619_son4.jpg
そんちゃん、ありがとうございました☆