title_oioi.jpg
こんにちは!
17期スタッフの伊藤歌奈子(かな☆)、
下宮幸(はむ)、中村一男(カズオ)です。
今回は、17期スタートに先駆け、
チーフディレクター中島弘貴(おいおい)さんに
突撃インタビューしました!

Q1、普段はどんな仕事をしていますか?
三重県に住んでいて、市役所の市民課で外国人の方を相手に仕事をしています。
Q2 17期は名古屋ですが通うのにどれくらいの時間がかかりますか?
行きは2時間くらいかかりますね。
この時間をうまく使ってミーティング内容の整理をしています。
今は、自分が何をするべきなのか、またスタッフのみんなが今するべきことはなんなのか、
そういったことを考える時間にしています。
Q3、17期チーフをやろうと思ったきっかけは?
きっかけとなったのはある人からの
「チーフディレクターやってみたい?」
の、一言でした。
最初は全然考えてなかったんですが、聞かれてみると「ある」と思いました。
自分が11期、13期とやってきて、中部を築いてきたみんなの意志をを引き継いで、
それをこの17期でしっかりと形にしたい!中部の集大成にする!
そう強く感じています。
そしてこれからのミュージカルの可能性を大事にしていきたいです。
ひとつの作品として、このミュージカル「A COMMON BEAT」に
参加する人たちが発する熱いエネルギーを社会に発信していきたいと思って活動しています。
oioi_0907.JPG
Q4、どんな100人と一緒にやりたいですか。
どんな人でも歓迎です。
その中でも、自分のしたいことに信念を持っている人、目指すものに向かっている人。
自分を貫く人はとても好きです。そんな人と一緒にやりたいと思います。
Q5、コモンビートを通じて感じた変化は?
ミュージカルというものをより好きになりましたね。
そして、自分の思いを伝えようという発信力が強くなりました。
『思ったことを言う』ことの大切さを今はすごく感じています。

Q6、17期チーフディレクターから未来の100人にひとこと!!!

未知の世界に飛び込むことはとても勇気がいります。
けど自分が一歩踏み出すだけで、世界は想像以上に広がります。
100日間のプログラムではいろんなことがあります。
100人の仲間たちと共に歌い、踊り、笑い、時には泣いて…
大人の本気が創り上げるミュージカル「A COMMON BEAT」!!
ぜひ一緒に創り上げましょう。