そもそものきっかけは、友人の公演を観たことだ。

彼女とはかれこれ10年の付き合いになるが、私があんなに輝いている、具体的に言えば殻を破っている彼女を見たのは初めてだった。

もともと歌うことが好きだったし、ダンスもやってみたかった。
何より、あんなに自信をもって輝けるのなら、ぜひ自分も挑戦してみたい。

しかし、参加するまでには色々な葛藤があった。私は中学校に勤務しているのだが、コモンビートの練習は土日。

部活動がある。
試合だってある。

始めるには、相当な覚悟が要った。

しかし、それよりも何よりも、変わりたい自分がいた。自信がなく生きてきた27年間を払拭したかった。
体験会に参加した日の夜、家に帰ってすぐに申し込みをした。

練習が始まって、週末に花が咲いた。今までの週末は何だったのかと思うほどに楽しかった。

仲間と会うたびにウキウキしたし、新しいことを覚えるたびにワクワクした。社会人になってから、忘れていたような感情だった。

どんな時でも 心に笑顔咲かせたい

これは、私がオーディションで歌った、superflyの愛と感謝という曲の出だしだ。歌詞のとおり、その頃の私はいつも心に満開の花が咲いていた。

しかし、そうは上手くいかない。

一つ目の壁はダンス。
なかなか覚えられない。
かっこよく踊れない。

一人で踊るわけじゃないから、みんなにも迷惑をかける。そう思ってひたすらコソ練した。

二つ目の壁は、意外なことに歌だった。私はこのミュージカルの最後に歌う、願いをのせてという歌をソロで歌わせてもらえることになった。

正直、上手く歌うことは難しくなかったのだが、何度歌っても伝わらない。歌詞の意味や、自分の思いが、歌を通じて相手に届かない。

自信のあった歌がうまくいかない。
それは今までの自分を全て否定されたような気がして、大きな絶望感に包まれた。

もうダメだ。
そう思った時に、たくさんの仲間が

待ってるよ。

って声をかけてくれた。
頑張れとか、大丈夫とかじゃなくて、

待ってるよ。

その時の私に一番響いた言葉だった。

再び練習に戻った時、本当にたくさんの仲間が私を待ってくれていた。嬉しすぎて言葉に出来ず、涙も出なかった。こんな感情は、コモンビートに関わることがなければ抱けなかった。
DSC03368

公演本番。
満員の舞台を前に、思いきり自分を出しきることができた。

その時の自分は、まぎれもなく、100日前の自分とは違った。人は変われる。そう実感した。

自信は今でもあまりない。
でも、少しは胸をはって歩けるようになったように思う。自分を偽らずに、他人と関われるようになったと思う。

少しは、自分を信じることができるようになったのかな。

ありがとう、みんな。
ありがとう、100日間。
ありがとう、がんばった自分。

赤大陸 小笠原 知穂(おがち)
DSC03701